大連世界旅行社


大石橋(準備中)


大石橋は日本人が作った町です。近くにマグネシュム鉱山がありました。日本統治時代の建物はほとんど残っていません。
近郊の村に娘娘廟があり、そこは満州一の廟会(祭り)で有名でした。

迷鎮山娘娘廟

小さな画像をクリックすると、上に拡大表示されます。
1−2 廟会(祭り)。十数万人もの参加者がありました。今も旧暦4月16〜20日にお祭りがあります。
1−2−2 同上、馬車の列。
1−3 今の写真。
1−4 娘娘廟は各地にありました。関東州の娘娘廟。関東州は大連、旅順を中心にした日本の植民地。満州国は奉天(現瀋陽)、新京(現長春)を中心にした満州。大連・旅順は日本国関東州、奉天・営口・大石橋・鞍山・安東は満州国奉天省・安東省、国が違います。
1−5 満州国の娘娘廟。
1−5−2 位置図
1−5−3 今の位置図。
1−6 今の写真、文化大革命に壊されました。今の建物はレプリカ。入り口。右1−5−3の2。
1−7 迷鎮山娘娘廟。1−5−3の1。
1−8 天王殿、1−5−3の3、4。
1−9 大雄宝殿、1−5−3の5。
1−10 聖母殿、1−5−3の6。
1−11 神様は3人の女神様。
1−12 今もそうです。家内安全、長生き、幸運。
1−13 娘娘廟会(祭り)は今も開催しています。
2 1940年満鉄製作、記録映画(写真)を紹介します。記録映画は大連世界旅行社まで問合せ下さい。ご覧頂けます。
言伝え
ある時、若者が馬車で営口から大石橋に行こうとしていました。もう少しで大石橋に着く時、3人の若い娘が迷鎮山まで馬車に乗せて行って下さいと頼みました。若者は荷物が多いが乗せてあげようと言いました。迷鎮山に着いた時、3人の娘はお礼に反ものを3反渡しました。3人の娘は頂上まですばやく上りそこで女神様に変わり、天高く空に消えました。その場所に村の人々は3体の女神様の像を置いて祀りました。
2−2 娘娘廟会
2−3 旧暦4月16日から20日まで。
2−4 各地から蒸気機関車で集まった。
2−5 位置図
2−6 参加者は妊婦が多い。
2−7 入り口
2−8 正門、「祝娘娘廟会」とある。1−5−2の1。
2−9 1−5−2の2。
2−9−2 今の写真。
2−10 1−5−2の3。
2−10−2 今の写真。
2−11 佛殿
2−12 手作りの人形を供える。
2−13 3人の女神、授児の神 福寿の神 治眼の神。
2−14 娘娘廟
2−15 三聖宮、1−5−2の4。
2−15−2 今の写真。
2−16 内部、3人の女神の像。
2−17 人形を焼いてお参り。
2−18 人形、線香を入れて焼く、1−5−2の5。
2−18−2 今の写真。
2−19 帰りに可愛い人形をお土産に!
2−20 同上、選んでいる。
2−21 安産のお守り。
2−22 頂上から。中央に京劇の舞台がある。
2−22−2 昔の写真。
2−22−3 今の写真。
2−23 京劇の女性。
2−23−2 今の写真。
2−24 昔の写真。本物の子供の山車。
2−25 人形の山車。
2−25−2 天津民族博物館展示、山車の人形。
2−26 廟会(祭り)の市場。ちまき。
2−27 餃子を作っている。具はニラ。
2−28 わたり蟹。当時から営口の名物。
2−29 うどん(面)。
2−30 アイスクリーム。
2−31 北京の北頂娘娘廟。
2−32 天津の娘娘廟(天后宮)。大連、旅順、丹東などは無くなっている。
2−32−2 今の写真。

大石橋神社

小さな画像をクリックすると、上に拡大表示されます。

大石橋駅

小さな画像をクリックすると、上に拡大表示されます。

大石橋小学校

小さな画像をクリックすると、上に拡大表示されます。

満鉄醇正寮

小さな画像をクリックすると、上に拡大表示されます。

大石橋満鉄病院

小さな画像をクリックすると、上に拡大表示されます。

墓地

小さな画像をクリックすると、上に拡大表示されます。

守備隊営門

小さな画像をクリックすると、上に拡大表示されます。

堀内伍長戦死の記念碑

小さな画像をクリックすると、上に拡大表示されます。

マグネシウム工場

小さな画像をクリックすると、上に拡大表示されます。

大石橋のレストラン

小さな画像をクリックすると、上に拡大表示されます。