大連世界旅行社


秘密の堡塁と白玉山神社


秘密の堡塁

この堡塁は山の中深くにあり、日露戦争のまま完璧な姿で残っています。東鶏冠山北堡塁の様な観光地化された堡塁ではありません。日本軍は最後まで占領出来なかった堡塁ですが見る価値ありです。他社では行けません(知りません)。見学の場合は当社までお問い合わせ下さい(オプショナルツアー、落書きがある堡塁・砲台3箇所のひとつです)。



上記地図上の番号付近の写真は以下の通りです(画像をクリックして下さい。大きく表示されます)。
1(-1).掩藪部、内部(古い写真) 1(-2).掩藪部、内部(現在の写真)

2(-1).入り口左(古い写真) 2(-2)..入り口左(現在の写真)

3(-1).砲台の下(古い写真) 3(-2).砲台の下(現在の写真)

4.砲台 5.上から見た通路

6.通路 7.地下通路

8(-1).堡塁先端、銃眼掩藪部(古い写真) 8(-2).堡塁先端、銃眼掩藪部(現在の写真)

9.先端内部 10.先端内部

11.機関銃口 12.地下道入口





白玉山神社(納骨祠)跡

日露戦争の旅順攻囲戦で戦死した人を祭った神社。
白玉山は李鴻章が名づける。黄金山があるのに白玉山がないのはおかしいと言ってここを白玉山と命名した。頂上にあるのが白玉山神社ですが、現在は納骨祠が地下に3箇所残っているだけです。
1906年に鎮座、靖国神社を真似て造った神社で、22,723人の遺骨が納められました。他社では行けません(知りません)。見学の場合は当社まで問い合わせ下さい。


小さな画像をクリックすると、上に拡大表示されます。