大連世界旅行社


瀋陽オプショナル


当社オプショナルにお申し込み頂いた方に、大連豪華マンションホテルを1泊100元でご優待。何泊でも泊まれます。詳細は、ココをクリック!

複合
No.SY01
瀋陽(奉天)、新幹線を使ってらくらく日帰り旅行

2013年12月大連から瀋陽の高速鉄道(新幹線)開通!

片道2時間、大連から、らくらく日帰りで観光出来ます。


奉天は清朝がつけた名前、元来前漢の侯城県から始まりました。唐時代は瀋州、元時代は
瀋陽路、明時代は瀋陽中衛、後金(清の元)時代は盛京(ムクデン=満州語)、清時代は奉
天府、中華民国初期時代は承徳県、のち瀋陽県、満州国時代は奉天市、1945年満州国
が無くなり瀋陽市になりました。
瀋陽の地名の由来は、唐時代に瀋州の川=瀋水(今の渾河)が南(陽)にある町から瀋陽と
名づけられました。
奉天は1912年(清崩壊)から1932年満州国が出来るまで中華民国でした。新市街は日本
人が建設、奉天駅の周りを満鉄付属地として日本人が治めていました。
奉天には3つのエリアがあり、新市街(満鉄付属地、1937年から満鉄から満洲国へ)、商埠
地、旧市街(奉天城、城外地=辺門地)に分かれていました。
当社では満洲国時代の日本の建築物、新市街を中心に回ります。

モデルコース
ホテル−大連−瀋陽=奉天(瀋陽)駅−奉天駅前(満鉄瀋陽館−満鉄貸事務所−満鉄地
方事務所)−浪速通り(ユニオン百貨店−浪速交番−奉天郵便局−奉天電報電話局−
七福屋百貨店−高橋洋行−藤田洋行−奉天神社跡−大阪商船奉天支店)−春日町
(奉天銀座)−大広場(大和ホテル−横浜正金銀行−警察署−三井物産ビル−朝鮮銀行
−東洋拓殖−満鉄病院−明治三十七・八年戦役記念碑跡)−昼食−平安通り(平安座
−奉天輸入組合ビル)−千代田通り(満洲中央銀行−忠霊塔・忠霊碑跡)−旧日本人街
−朝鮮街(柳町−西塔−清朝皇帝12代の銅像)−故宮博物院−9.18事変歴史博物館=
瀋陽−大連−ホテル

北陵(昭陵・ヌルハチ陵墓)、東陵(福陵・ホンタイジ陵墓)、張学良博物館、その他は問い合
わせ下さい。

奉天駅(現瀋陽駅)
1899年東清鉄道(ロシア)が建設、今の駅舎は1910年満鉄が建てました。東京駅をモデル、
1914年東京駅が出来る前の試作として出来た駅、東京駅そっくりです。
奉天駅前
 満鉄瀋陽館
 1921年満鉄の寮として出来ました。以前の建物は奉天一の大旅館でしたが焼失しました。
 満鉄貸事務所
 1921年竣工、武蔵屋旅館、JTB、常盤旅館、日進館、サッポロビアホールなどが入居、屋
 上看板には満洲菊正宗、グリコ(心斎橋グリコの同じ)があり夜は電飾できれいでした。グリコ
 看板跡などは当社しか知りません
 満鉄事務所ビル
 1912年竣工、奉天事務所、地方事務所、駅前郵便局、奉天工業土地などが入居して
 いました。
浪速通り
 ユニオン百貨店
 奉天三大百貨店、他は、満蒙、七福屋。現在残っているのはユニオン、七福屋。当社しか
 知りません
 浪速交番
 浪速通りの真ん中にあり今も残っています。当社しか知りません
 奉天郵便局
 1915年竣工、今も郵便局です。
 奉天電報電話局
 1937年竣工、今は貸しビルです。
 七福屋百貨店
 1935年竣工。後の三中井百貨店(本店新京)、平安広場に支店がありました。当社しか
 知りません
 高橋洋行
 本社大連、木製、金属製の金庫製造。満洲の金庫の製造メーカーで満鉄指定の会社でし
 た。当社しか知りません
 藤田洋行
 元は白ロシア人の建物、満洲国時代1937年開業、機械商社でした。
 奉天神社(入り口跡地ほか)
 奉天神社は1915年創建、今は劇場で旧建物はありませんが、狛犬が残っています。
 大阪商船奉天支店
 現商船三井、大連から日本本土に船を運航していました。当社しか知りません
春日町(奉天銀座)
奉天一の繁華街、奉天銀座と呼ばれていました。明治屋販売店跡、春日デパート跡、伊勢
屋跡、千日通り、スズラン街市場通りなどを回ります。当社しか知りません
大広場
 奉天大和ホテル
 初代は1910年竣工、奉天駅の中にありましたが、現在の場所に1929年移りました。清水組
 (建設)施工。
 横浜正金銀行奉天支店
 1925年竣工。
 奉天警察署
 1929年竣工。
 三井物産ビル
 1937年竣工。
 朝鮮銀行奉天支店
 1931年竣工。
 東洋拓殖奉天支店
 1927年竣工。満洲事変時は関東軍司令部が旅順から移転、その後新京に移りました。
 奉天満鉄病院
 南満医学堂1911年設立28、1922年満洲医科大学昇格。1936年に奉天鉄道総局併
 設、総局は1940年現在の場所に移転、その後満鉄地方事務所へ。病院は一部残っていま
 す。
 明治三十七・八年戦役記念碑跡
 日露戦争の戦没者を祀る塔、大広場の中心に建っていました。当社しか知りません
平安通り
 平安座
 1932年竣工、満州国で一番大きな映画館でした。当社しか知りません
 輸入組合ビル
 屋上に源氏の看板がありました。源氏は東洋酒造(現ハイリキ)が造った焼酎、奉天に工場
 がありました。当社しか知りません。
千代田通り
 満洲中央銀行
 1928年竣工、張作霖が建てた当時は東三省官銀行、1932年に満洲中央銀行に変わりま
 した。
 忠霊塔・忠霊碑跡
 塔は1925年竣工、日露戦争奉天会戦で亡くなった23,000余の人々を祀る。日本の網代に
 ムクデン満鉄ホテルがありその入り口に忠霊塔の1/2の模型がありましたが2010年に廃業、
 模型は残っています。ちなみにホテルの建物は奉天大和ホテルそっくりでした。忠霊塔の隣に
 忠霊碑が建っていましたが、これは旅順203高地に乃木が建てた碑を模して造った物でした。
 忠魂塔、忠魂碑共に無くなり劇場が建っています。9.18博物館には忠魂塔の石碑が展示し
 てあり、その近くにあった満洲事変殉職記念碑もそこにあります。当社しか知りません
旧日本人街
日本人住宅街が一部残っています。
新・旧朝鮮街
昔は柳町と言い主に朝鮮族の遊郭でした。その側には北市場、朝鮮商店などがありました。今
のその名残で朝鮮学校、朝鮮病院、朝鮮レストラン、朝鮮商店などがあります。もちろん中国
市場、商店もあり、中国人は瀋陽(東北地方)土産はここで買います。本当に安く当社お勧
め!日本人旅行社はほとんど行きません(知りません
 柳町
 奉天には3つの遊郭がありました。そのうちの1つ。他2つは十間房(日本女性)と平康里(満
 洲女性)。当社しか知りません。
 西塔
 奉天には北、南、東、西の4つのラマ教の塔があります。西塔は1645年建立、文化大革命
 で破壊されましたが1998年に修復されました。正式名は延寿寺。
 清朝12代皇帝の銅像
 公園の中に大祖から溥儀までの銅像があります。
故宮博物院
後金初代ヌルハチ、清時代ホンタイジの皇居、清時代故宮は北京に移り離宮になる。1636年
建造。建物は東路(ヌルハチ)、中路(ホンタイジ)、西路(以後清時代)の3つに分かれていま
す。
9.18(満洲)事変歴史博物館
満洲事変ほか日本の戦争の歴史が中国側の立場にたって説明してあります。特に見学しても
らいたいのは、柳条湖鉄道爆破地点の碑(1931年9月18日関東軍が張作霖殺害)、満洲事
変殉職記念碑、忠霊塔石碑です。

備考 :
ホテルと大連北駅の往復はタクシーを利用。
瀋陽観光はチャーター車を利用。
大連と瀋陽の往復は新幹線を利用。
昼食(中国東北料理。日本人は知りません。地元瀋陽グルメご用達のレストラン)付。
日本語ガイド付。
料金
1人
2人
3人以上

2,500元
1,700元
1,400元

No.CS02
大連、瀋陽、長春、ハルピン5日間

モデルコース
1日目
ホテル−大連−(バス)−錦州(興城) 興城古城他
2日目
錦州−(バス)−瀋陽 旧奉天大和ホテル、北陵、瀋陽故宮他
3日目
瀋陽−(列車又はバス)−長春 旧新京大和ホテル、偽満皇宮博物館他
4日目
長春−(列車又はバス)−ハルピン 旧ハルピン大和ホテル、聖ソフィア大聖堂他
5日目
ハルピン−(バス又は列車)−大連−ホテル


備考 :
日本語ガイド付。
食事付。
ホテル付(4ツ星ホテル)。
料金
1人
2人
3人以上

8,000元
6,000元
5,000元


オプショナルツアーご検討・お申し込みの際は注意事項をよくお読み下さいます様何卒お願い申し上げます。